フルガンの除菌力と安全性は専用微酸性電解水(次亜塩素酸水)にあり

フルガン

今あなたの興味は、おさまらないウイルスへの除菌についてではないでしょうか?

 

 

除菌剤やその使い方など情報がイロイロ耳に入り正しいものが選べない。。。というのが本音ですよね。

 

 

このサイトでは除菌力と消臭力もあって安心・安全と注目の酸性電解水(次亜塩素酸水)についてご紹介していきます。

 

 

家庭では高齢の方や赤ちゃんと、刺激に弱いご家族のための除菌法にお悩みの方は多いでしょう。

 

 

まだまだ続く除菌生活が少しでも気ラクになるよう、参考にしていただければ幸いです。

 

電解水ってどんなもの?

 

電解水は水と塩からつくられて、アルカリ性と酸性があります。

  • アルカリ性・・・タンパク質や油脂を分解する洗浄効果がある
  • 酸性・・・菌やウイルス、消臭に対して効果がある

 

 

とくに酸性電解水(次亜塩素酸水)は食品分野で、従来の塩素系にかわる安全な食品への殺菌剤として利用が進んでいるのです。

  • 食品添加物殺菌科への指定
  • 「大量調理施設衛生管理マニュアル」が改訂され使用が認められた
  • 「有機農産物使用可能農薬」新規追加
  • 「特定農薬」に指定

 

酸性電解水(次亜塩素酸水)は惣菜や水産加工品などの食品工場を中心に急速に導入が進んでいます

 

 

このように電解水の効果は安全が証明されているので、安心して生活に取り込むことができるんです。

 

 

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)と次亜塩素酸ナトリウムの違い


ニュースを見ると次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムが比較されているのを観ますが、実はそれぞれの効果が解からないという方は多いのでは?

 

 

一般的に除菌や衛生管理に使われる次亜塩素酸水(酸性電解水)と次亜塩素酸ナトリウムは安全性や使用目的が大きく違うのです。

 

 

ウイルスへの有効性・安全性・人体への影響などTVニュースなど2転3転していてなにを信じたら良いのか。。。という不安を解消して正しく除菌していきましょうね。

 

 

次亜塩素酸ナトリウムの水溶液は、「ハイター」や「ブリーチ」など家庭でも使われている漂白剤で、強いアルカリ性。

 

 

ふきんや食器などの漂白や除菌剤として家庭でも広く使用されていますよね。

 

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)は食塩水などを電気分解したもので酸性です。

 

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)は、医療機関の消毒・スーパーのカット野菜の洗浄・農薬など私たちの生活にとても身近な存在で人体への影響が少ない弱酸性です。

 

 

厚生労働省は、微酸性次亜塩素酸水について
各種殺菌剤との比較試験(各種微生物についての殺菌効果、食品に対しての殺菌効果)を行ったところ、次亜塩素酸ナトリウム等と同等以上の殺菌効果が得られた。と食品安全委員会における調査結果を発表しています。

 

 

気を付けたいのは、使用する場所や物体で消毒剤は変えて使うからこそ、効果的だということです。

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)と次亜塩素酸ナトリウムそれぞれの効果

次亜塩素酸ナトリウム

 

次亜塩素酸ナトリウムは、テーブル、ドアノブなどに有効です。

 

 

次亜塩素酸の酸化作用で新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。
使用方法は市販の家庭用漂白剤を薄めて拭き(次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるよう薄める)、その後水拭きしましょう。

 

 

消毒に有効な次亜塩素酸ナトリウムですが、正しく使用するには注意が必要です。


手荒れ、トリハロメタンの発がん性物質の生成、臭素酸の影響で呼吸困難などさまざまな症状を引き起こす可能性があるんです。

 

 

  • 酸性のものと混ぜると塩素ガスが発生して危険です。
  • 塩素に過敏な方は使用を控えてください。
  • 目に入ったり、皮膚についたりしないよう注意してください。
  • 飲み込んだり、吸い込んだりしないよう注意してください。

参照元URL https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html

 

 

次亜塩素酸ナトリウムはインフルエンザウイルス、サルモネラ菌、もちろん新型コロナウイルスにも有効ですが、ノロウイルスには効果が低いので食品にかかわる方、家族の食卓を預かる方は気をつけてくださいね。

 

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)

 

 

 

 

 

塩素濃度が薄いので人体への影響が少なく非常に安全に使用できるのが魅力です。

 

  • 手荒れの心配がない
  • 発ガン性物質や臭素酸の生成がない
  • 誤って口や目に入っても大丈夫(問題が報告されていない)
  • 除菌・消臭効果は次亜塩素酸ナトリウムにに匹敵する

次亜塩素酸水(酸性電解水)は塩素濃度が低くてもしっかり除菌ができて安全な除菌剤として、とてもオススメです。

令和 2 年 6 月 26 日現在 経済産業省、消費者庁、厚生労働省が、新型コロナウイルス除去の物品に対する有効性を検証した結果、「次亜塩素酸水」については、一定の条件で有効性が確認されました。
次亜塩素酸(酸性電解水)次亜塩素酸ナトリウム
性質弱酸性アルカリ性
長期保存向かない保存可能
インフルエンザウイルス◎有効◎有効
ノロウイルス◎有効〇少ない
サルモネラ菌◎有効◎有効
手荒れ〇 少ない×多い
環境への影響〇 少ない×多い
トリハロメタン〇少ない×生成あり
酸性電解水ハイター・ブリーチなど

 

 

アルコール消毒は効いているのか?

 

また、品切れまで起こして話題になったアルコール消毒液の除菌効果はも効果がでるウイルスと出ないウイルスがあるんです。

 

ウイルスは2つの形に分けることができます。

 

エンベロープという膜を持つウイルス。

エンブローブをもたないウイルス。

 

 

 

エンベロープとは、脂肪・タンパク質・糖タンパク質からできている膜をまとった姿をしているものです。

ノロウイルスのイラスト
アルコールはこのエンベロープを破壊しウイルスにダメージを与える事が出来るので、ヘルペス、HIV、インフルエンザ、新型コロナウイルス、などエンベロープを持っているウイルスには非常に効果を発揮します。

 

 

コロナウイルスのイラスト
エンベロープを持たないのがノロウイルス・A型肝炎などで、このタイプにはアルコール消毒は効きづらいのです。

 

 

新型コロナウイルスやインフルエンザはアルコール消毒が有効ですが、ノロウイルスに対しては効果が不十分ということです。

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)は広く効果がある

 

しかし、次亜塩素酸(酸性電解水)が配合された消毒液であれば、新型コロナウイルスインフルエンザだけではなく、O157やノロウイルスも10秒ほどで不活性化して殺菌してしまう即効性があります。

 

 

さらに、ボツリヌス菌などの熱に強く食中毒を引き起こす菌にも大変有効で、アルコールなどの一般的な消毒液では届かない範囲まで効果を発揮してくれます。

 

 

次亜塩素酸水(酸性電解水)の除菌力は、次亜塩素酸ナトリウムの約80倍です。

 

 

消臭力は、アンモニアや酢酸、硫化水素などタバコ、生ゴミ、トイレなどのニオイの原因菌の悪臭に瞬時に反応して匂いを無効化して、強力な消臭効果を発揮します。

次亜塩素酸水(酸性電解水)は、菌を死滅させたあとすぐ水になり残留性がないので人体への影響がありませんし、菌の膜を殺菌し体内組織への侵入も防いでくれます。

 

 

このように次亜塩素酸水(酸性電解水)は、ウイルスの除菌対策にとても効果的・効率的に、室内・物体を時短で殺菌できるのが最大の魅力です。

 

 

この次亜塩素酸水(酸性電解水)をより効果的・効率よく除菌に活用できる方法があるんですよ。

 

 

海外では利用者が多い、フルガンという除菌・脱臭用のマルチアトマイザーで次亜塩素酸水(酸性電解水)をイッキに吹き付ける方法です。

 

 

フルガンで噴射する事での効果

フルガンとは

フルガンは、室内外どこでも手軽に除菌・脱臭ができるマルチアトマイザー。

 

 

フルガンのパワフルな微酸性電解水ミストを吹掛けることで、人が直接手に触れる部分の除菌がすばやくて効果的なので、海外では大変人気のある除菌アイテムなんですよ。

 

 

人間工学に基づくデザインでしっくりと手に馴染み、コントロールしやすい設計になっています。

 

 

小型、軽量、コードレスで、専用クレードルによって簡単に充電が可能なので室内・屋外と使用する場所を選びません。

 

 

誰にでも、使いたい時にすぐに使える手軽さがとても魅力です。

 

 

また、液剤の装填がカートリッジ式なため、用途によってさまざまな除菌剤を使い分ける事ができますよ。

 

 

コンパクトなのに噴霧距離が約1mと長く、微細粒子により狭い隙間にも効果が行き渡り、広い範囲を少量の液剤でケアすることができます。

 

 

そんなフルガンには専用微酸性電解水が付属されています。

 

フルガンで効果的な除菌方法

 

フルガン専用微酸性電解水は、食品添加物として使われている「次亜塩素酸」と同じ成分でできた除菌水です。

 

 

厚生労働省が定める次亜塩素酸水とは、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸(いわゆる酸)を電気分解する事により作られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液の事を示します。

 

 

独自製法によりpH値を弱酸性の5〜6付近と、厚生労働省の検証で最も安全で効果の高い数値に合わせて作られています。

 

 

この専用微酸性電解水をフルガンで噴射すると、超微粒子で細かく広くイッキに吹き付けることが可能になりとても除菌効果が高まります。

 

 

他の噴射器や除湿タイプは目に見える大きさで決してすみずみまではいきわたりません。

 

 

吹き付ける量が多いと濡れてしまう可能性が多いですよね。

 

 

フルガンは細かな超微粒子なので吹き付けた対象物を濡らすことはありません。
(あまりにしつこく噴射するとさすがに濡れます。お気を付けください。)

 

 

フルガンの噴射は、同じ除菌剤として使われる揮発性のアルコールよりも留まる力が強いので、より広範囲・長時間にわたって効果が持続するので確実な除菌・殺菌が可能になります。

 

 

フルガンで専用微酸性電解水を吹き付けると、素早く殺菌反応を出し、殺菌後は水に戻るのでふき取りや洗い流しの必要がなく手間いらずで除菌作業がらくらくなんですよ。

 


微酸性電解水の濃度・ph・用量・原因菌99.9%除菌を解説

 

 

また、消臭力も強く、ソファーなどニオイがこもりがちでも洗えない場所には最適です。

 

 

病院・飲食店・美容室など多くの人が触れるのに、なかなか消毒しずらい場所・物体もフルガンで吹き付けるだけなので除菌・消臭がいっぺんに叶います。

 

フルガンアドバンスで手軽で確実な除菌の実践の図

フルガン専用微酸性電解水の安全性


フルガン専用微酸性電解水の除菌の仕組みは、人間の免疫機能を司る白血球が酸素から次亜塩素酸を作り出してウイルスを破壊する仕組みと同じなのです。

 

 

ということは非常に安全性が高いんですね。

 

 

 

 

北海道大の玉城英彦名誉教授(疫学、今帰仁村出身)によると、「次亜塩素酸水は新型コロナをほぼ瞬時に不活化している」と指摘し、「安全で手に入りやすく、アルコールに比べ皮膚への刺激も少ないので新型コロナウイルスの感染予防の際、手指用の消毒液として推奨できる」と話しています。
食品業界で厚生労働省の認可した除菌方法は、微酸性電解水と煮沸だけです。
フルガン専用次亜塩素酸水はその微酸性電解水を主成分として、独自製法で除菌能力が一番高いpH5~6付近に調整することで安全性を高めています。
微酸性電解水に含まれる次亜塩素酸は、人体の殺菌システムである好中球が作り上げるものと同じなので安全性は保障済です。

フルガン専用微酸性電解水 メリット・デメリット

 

 

フルガン専用微酸性電解水のデメリット

 

  • 紫外線に弱く、劣化しやすい
  • 殺菌反応が早いので、対象物が汚れていると効果がでない
  • フルガンアドバンス(またはフルガン)を使用しないと効果が減少

 

次亜塩素酸水とは環境によって変化しやすいので、保存の際は冷暗所・密閉性のある容器で、早めに使い切ることが大切です。

 

 

フルガン専用微酸性電解水は、遮光性の高いパック入りで容器に移しやすい設計になっています。

 

 

使用期限は3~6ヶ月を推奨していますので、保存の際は気を付けましょう。

 

 

次亜塩素酸水は物体に触れると、すぐに殺菌して自らを分解してしまうので、汚れのある場所はあらかじめ掃除・ふき取りをしておく必要があります。

 

 

菌・ウイルスを殺菌する前に汚れに反応して分解してしまっては、せっかくの除菌効果が発揮できないので面倒でも事前の掃除をお忘れなく。

 

 

フルガン専用微酸性電解水はフルガンで噴射することで、ナノミストになり細かな部分にいきわたり、広範囲を一度に除菌・消臭ができるのです。

 

 

フルガンで噴射すると粒子が非常に細やかで対象物がびしょにならず、ふき取り作業がいらずらくらくです。

 

 

残念ですが、どんなに除菌効果の高いフルガン専用微酸性電解水でも単体では、効果はあまり得ることができません。

 

フルガン専用微酸性電解水のメリット

 

  • 用途に合わせて水で希釈できる
  • ウイルスの感染性に対する不活性効果がある
  • 発がん性クロロホルム生成が低く安全

 

 

トイレなどのしっかりと除菌したい場所と、お子さんが触れたり口を近づけるモノへの除菌は、消毒液の濃度を変えて安全に使いたいですよね。

 

 

フルガンアドバンスはカートリッジ式なので、用途に合わせて付け替えが可能です。

 

 

フルガン専用微酸性電解水は水で希釈できるので、用途に合わせてボトルに作っておくと便利なんですよ。

 

また菌やウイルスを除菌するということは、人体や環境への影響が心配になりますよね。

 

 

次亜塩素酸水は市販されている除菌剤と比較しても、発がん物質(クロロホルムなど)の生成がなく、殺菌後は水になるので残留がありません。

 

 

環境への影響もないので安全な消毒液として安心して使用できるんですよ。

 

フルガン専用微酸性電解水 まとめ

フルガン専用微酸性電解水は、次亜塩素酸水を主体にしたさまざまな用途に使える安全で最強の除菌剤です。

 

  • 次亜塩素酸ナトリウムの80倍の殺菌効果
  • アルコール消毒剤では殺菌しずらい、ノロウイルスの除菌も可能で飲食店にはおすすめです
  • 殺菌反応が高いので不特定多数の人が出入りする場所の除菌作業が時短で完了します。
  • 揮発性のアルコールよりも留まる力が強いので、より広範囲・長時間にわたって効果が持続
  • フルガンアドバンスとの組み合わせで超微粒子化して噴射
  • 床や壁・対象物を濡らすこと無く細部まで除菌が可能でふき取り要らず・手間いらず
  • 殺菌後は水になり残留しないので安全
  • 発がん性物質が生成せず、他の消毒液より人体・環境にやさしい

 

 

なにより、時間と労力をかけて毎日行っていた除菌作業が、手間いらずで時短、見えないウイルスへのストレス軽減と、除菌効果以外のうれしい特典つきのフルガン専用微酸性電解水なのです。


フルガンアドバンス 専用微酸性電解水 詳しくはコチラ